医師転職ノウハウ

医師の転職は円満退職が理想!辞める前にやっておくべき〇つのこと

2017年12月8日

医師転職、辞める前に起こりうるトラブル


転職するか否かは、その医師の自由です。
しかし、やり方を一歩間違えると、面倒なトラブルに巻き込まれてしまう可能性が出てきます。
医師は転職する際にそれをできる限り回避するよう、時には気を配り、時には慎重な言動を心がけるなどしながら、転職活動を進めていく必要があるでしょう。

医師が転職を志す上で起こりうるトラブルの代表的なものは、「辞められない」というもの
どの医療施設も医師不足の状況が当たり前となっており、しかし、その状況をなんとか凌いでいる病院がほとんどのはず。
そこでしばらく働いた医師が1人辞めてしまうことは、医師の数という面から見ても大きな痛手となることは間違いありません。
転職したい医師も世の中には数多く存在しているため、求人を出せば新たな人材を確保することも可能ですが、やはりその現場に慣れ人間関係を一定構築している医師がいなくなることは、それぞれの施設にとって大きな損害となるでしょう。

となれば、医師が退職を申し出た際に引き留めようとすることは必然であり、退職を希望する側にとっては、それに苦しめられることになる可能性も否定はできないのです。
「後任が決まるまで」と執拗に引き留め、その結果、転職先に迷惑がかかるというトラブルも起こることがあります。
人事を盾にし辞められない状況を作り出す病院もあるかもしれません
悪質なところでは、病院関係者が業界内や転職先として内定している医療施設等に医師個人の悪い噂話を流し、内定そのものを破談という形に追い込む事例も発生しています。
さらには、給与未払いや受けられるはずの待遇・福利厚生などが受けられない状態になるなどのトラブルも、わずかではありますが報告されています。

♠POINT
もちろんこれらのトラブルは酷いケースであり頻発するものではありません。
しかし、医師の転職にはこのようなトラブルに巻き込まれる可能性があるという点は十分に頭に入れながら転職活動を行わなければいけません。
それが、円満退職に近づくための大きなポイントとなってくるでしょう。

医師転職、100%円満退職はあり得ない


転職に伴うトラブルを避けるためには円満退職を目指し、あらゆることに気を遣いながら物事を進めていく必要があるのですが、しかし、100%の円満退職はあり得ないと思っておくべきかもしれません
完璧な円満退職は、上で挙げた悪質なトラブルに巻き込まれるのと同様にレアであり、多くは何らかのわだかまりやスッキリとはしない退職になるものなのです。

その理由は決して難しいものではありません。
辞めてはもらいたくない医療施設側と、転職によって新たなスタートを切りたい医師側との思惑が一致しないからです。
100%の円満退職を望むのであれば、転職は諦めた方がいいでしょう。
しかし、それでは医師としてのキャリアを満足するものに作り上げることができません。
円満に辞めた方がいいことは明白ではありますが、辞める病院側の希望や要望を全て飲んでいては、いつ転職できるかもわからず、それこそキャリアプランを狂わせることにもなりかねないため、どこかで割り切りながら落とし所を探っていくことが医師転職には求められるのです。

大事なことは、“円満退職へと近づける意識”を持つこと
そして、そのために必要なことを心がけること。
ここを徹底すれば、大きなトラブルを回避しつつ、納得のいく退職そして転職を成し遂げることができるでしょう。

医師ができるだけ円満に退職するために必要なこと4つ


では、医師が転職の際にできるだけトラブルを避けながら退職するには、どのようなことを心がければいいのでしょうか。
不可欠な要素や行動についてまとめてみます。

1. 余裕を持って退職の旨を伝えること


ギリギリで退職を告げられても、医療施設側は困ってしまうでしょう。
そんなことをされれば、辞める医師に対してポジティブな感情を持つことが難しくなってしまいます。それがトラブルに繋がる可能性を高めることは言うまでもありません。

それぞれ勤めている所の状況にもよりますが、遅くとも1ヶ月ほど前には退職の旨を伝え、無理のないスケジュールを組んでもらう必要があります。
退職時期が想定より延びてしまうことがあったとしても、医療施設側にとって余裕が生まれれば双方ともに納得のいく退職を実現させることができるでしょう

2. ネガティブな退職理由は口にしないこと


退職を申し出る際には退職理由も述べることになるはずですが、どのような理由を口にするにしてもネガティブなものにならないよう注意しなければいけません。
先輩や上司の悪口、施設や組織に対する不満、患者などへの言及を避けることは徹底するようにしましょう

退職届などに記載する際は「一身上の都合」で問題はありませんが、口頭で説明する際には色々と聞かれるはず。
その際には、未来志向や向上心などに理由の軸を置き、あくまでもポジティブな考えによる転職の決意であることを表明しなければいけません

3. 転職先は決定後もオープンにはしないこと


これは“やっておくべきこと”というよりも、“やってはいけないこと”となりますが、転職先が決定したとしても、そこを安易に伝えるのは控えた方がいいでしょう。
上でも触れたように、内定した医療施設へと何らかの圧力がかからないとも言い切れません。
無用なトラブルを避けるためには、よほど信頼できる人にしか、それを伝えないように注意したいところです

4. 残りの業務や引き継ぎに手を抜かないこと


当然のことではありますが、退職するその瞬間までは、あらゆる仕事に手を抜くことがないようにしましょう。
もう辞めるからと手を抜いてしまうと、それが印象を悪化させ、トラブルへと繋がる可能性も出てきてしまいます
医師としての職責は全うし、最後の最後まで仕事をこなす意識は持ち続けなければいけません。

最低でもこれらのことを強く意識しておけばトラブルを避けるだけではなく、理想の退職の形へと近づけるのではないでしょうか。

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply