医師転職ノウハウ

医師の転職における失敗パターンから学ぶ成功パターン

2017年8月8日

医師の転職失敗事例


「失敗を知らなければ、成功することはできない」

誰の格言というわけでもなく、しかし、多くの成功者が口にしている表現です。

とは言っても、転職は何度も失敗してはいられません。
1度の失敗であってもキャリアに傷をつけてしまう恐れがあるからです。

転職に成功したいのであれば、失敗談や失敗事例をチェックし、そこから成功のための道筋や手法を学ぶようにしましょう
少なくとも、大きな失敗を防ぐことはできるはずです。
転職に失敗した医師によく見られるのが、「現状から逃げる目的で転職し失敗する事例」

今の状況が嫌だから転職したい、そう思うことは自然かもしれませんが、逃げるという目的に終始した転職は失敗するケースが多いと言えるでしょう。
それは問題の解決にならないことが多く、転職先で同じような問題、あるいは新たなトラブルが発生することが少なくないからです。

「自身を過剰評価することによる失敗事例」もよく見られる医師の失敗例の代表でしょう。
井の中の蛙状態に陥った医師にありがちですが、「自分ならもっとできる」と勘違いし、しかし、そんな医師を受け入れてくれる医療機関が見当たらない、見つかったとしても転職先で元々働いている医師たちはさらに優れており失望感を感じてしまう、そんなケースが非常に多くあります。

もしどちらかに当てはまっているのであれば、失敗事例と同じ轍を踏むことになるため、もう少し冷静になって考えた方がいいかもしれません。

医師転職の失敗パターンは4つ!


医師が転職に失敗してしまうパターンは、以下の4つのどれかであることが多いでしょう。
上で挙げた失敗事例も、突き詰めれば以下のどれかに当てはまります。
これらのパターンを学び、転職の失敗の回避能力を高める努力や準備を整えておきましょう。

1. 求人情報のみで転職先を決定してしまう


転職を焦る医師によくありがちな失敗パターンです。
求人情報はその医療施設を知るためのきっかけであると認識しておきましょう
それ以上でも以下でもありません。

求人情報のみで転職先を決めるのは、スペックのみで結婚相手を決めるようなもの。
これがいかにリスクが高いかがわかるのではないでしょうか。
残念ながら、求人に掲載されている情報全てが真実であるとは限りません。
その裏付け作業を行うとともに、求人票にはない項目や要素についてもしっかりと情報を集めた上で、転職先を決定しなければいけません

2. 知人の紹介で安易に転職先を決めてしまう


業界内にある程度のつながりができると、それを伝として転職先を決める医師がいます。
これも失敗パターンの一つです。

確かに転職活動を最小限に抑えられますし、知り合いの紹介という安心感はあるかもしれませんが、やはりそれだけで転職先を決定するのは危険。
本当にその紹介先医療施設が自身の希望やキャリアに見合ったものなのか、ここを明確にしてから転職するようにしてください

また、もし転職後にそれが見合っていなかったと発覚した際も、紹介元の知人などに迷惑がかかるからと、辞められない状態に陥るリスクがこのパターンにはあることも覚えておきましょう。

3. 好条件・高待遇の裏を探らずに転職してしまう


高い年収や手厚い待遇などを得るために転職を考えることは、決して間違ってはいないでしょう。
医師はその働きが正当に評価されていない部分がありますから、一定の知識とスキルなどを身につければ、それを求めて転職を決意することは正しい選択と言えます。

ただ、医療施設側が提示した条件や待遇のみにフォーカスし、転職してしまうことはリスクが高過ぎるでしょう
これは、求人情報のみを信じて転職をしてしまう失敗パターンとは似て非なるものです。
実際に求人通り好条件・高待遇の病院等もあるでしょう。

重要なのは、その理由。
異様に長い勤務時間や医師が本来担うべき業務以外の仕事を押し付けられるなどする可能性が否定できないのです。
転職してから気付くのでは遅過ぎます。
なぜ条件や待遇がそれほどまでに良いのか、ここを探らなければ失敗してしまうので十分に注意しなければいけません

4. 報収集量や比較対象が少ないままに応募してしまう


集めた情報量が少ないこと、医師が転職に失敗してしまうパターンでかなり多いのがこれです。

転職において、情報は欠かせません
求人情報をはじめ、それぞれの医療機関に関する情報や、医師転職の市場に関する情報などが少な過ぎると、自身にマッチした求人や医療機関とも出会えなくなってしまいます。

これも結婚に例えるならば、10人という少ない数の異性から相手を選んでしまうようなもの。
その数が50人100人となれば、より自身にマッチした異性と出会えるにもかかわらず、それを放棄してしまうのは勿体無いことだと気付くはず。
面倒でも、できる限り多くの情報を集めることが、転職を成功へと導くのです

医師転職を成功させるために必要なこと


転職を志す医師の失敗パターンは、上の4つにほぼほぼ集約されるでしょう。

現状から逃げ出そうとする医師は、求人情報のみでろくに情報も集めずに転職先を決めてしまう傾向がありますし、自信過剰な医師は条件や待遇の良いところのみを狙い、やはり情報を集めないままに応募先を決定してしまう傾向があります。

医師転職を成功させるために必要なことは、「冷静になること」と「客観性を忘れないこと」となるのではないでしょうか
これらを強く意識していれば、全ての失敗パターンを回避することが可能です。

自分自身に対して「急いでいるかもしれない」と感じた場合には、冷静になり少し立ち止まることも必要になってくるでしょう。
そして、主観だけで物事を判断するのではなく、必ず客観性を持つことで見えてくる真実や景色も多々あります
その真実や景色に気付けるかどうかが、転職の成否を左右することは間違いありません。

成功は早めの準備と情報収集にあり!


冷静さを保ちながら転職活動を行うためには、早めの準備が有効です。
焦って短期間で転職先を決めようとする意識は、冷静さを欠くことへと繋がります。これでは転職を成功させることなどできません。

また、客観性を保つには、情報収集を徹底させる
獲得した情報が乏しければ、狭い視野でしか物事を判断できないはず。
視野を広げることで、いかに自分自身の見識が甘かったのかということにも気付くことができるでしょう。
医師の持つ知識と転職の常識は別物ですから、そこを認識していれば、いかに情報収集が重要であるかにも気付くことができるはずです。

「転職」という言葉がほんの少しでも頭によぎれば、そこから準備や情報収集へと向かうべきです。
その周到さや慎重さは、必ず冷静な自分を作り、十分な情報を集めることにも繋がります。

♠POINT
情報収拾の結果、「転職しない」という決断を下した場合でも、それは早めの準備と情報収集によって冷静さと客観性が備わったからこその英断となるでしょう。
決して無駄にはなりませんし、それも全て成功であると捉えるべきです。
この意識が備わっていれば、おおよそ大きな失敗を招いてしまうことはないでしょう。

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply